スポンサードリンク

2日の午前に埼玉県の東北自動車道で起こった、黒と赤のフェラーリの暴走事故ですが、

謎のスポーツカーとして報道された赤のフェラーリの情報についていくつか判明した点がありました。

本記事の内容としては

赤フェラーリの車種

運転手の顔画像、名前

事故の原因と因果関係

赤フェラーリは逮捕の可能性があるか?

これらの点についてまとめていきたいと思います。

では、早速本題に入っていきましょう!

スポンサードリンク

東北道の赤フェラーリの暴走運転と事故について

まずは、問題の事故動画をご覧ください。

東北道のフェラーリの中央分離帯での衝突事故の引き金を引いた車として、赤のフェラーリの存在が話題になっていますが、動画を見る限りでは明らかに危険な幅寄せなどの運転で黒のフェラーリを煽っていました。

黒のフェラーリはビックリしたのか直後に高速スピンを繰り返し、中央分離帯に衝突して大破してしまいましたね。

そのまま、赤のフェラーリは走り去っていきましたが、警察もこの赤のフェラーリの行方を追っていると思われます。正直言ってどっちもどっちですが、明らかにこの2台は高速道路をサーキット場だと勘違いしていますね。周りの車からしてみれば迷惑この上ありません。

危うく巻き込まれてもらい事故になってしまうところだったので

現場にいた人からしてみれば猛抗議したいくらいでしょう。

また、この2台の暴走運転が起こした事故の所為で、東北道の下り線12キロに渡って、交通渋滞を巻き起こしました。これは、高速道路の運転を妨げたとして賠償請求をしても良いレベルですね。

本当にこういった馬鹿な事をする運転手には免許を永久剥奪してほしいです。
危険運転を起こす輩に対しては、それなりの代償として免許の剥奪と車両を運転する権利を奪ってほしいですね。

赤フェラーリの車種と運転手の名前、顔画像

ちなみに赤フェラーリの車種はF50という車種だということが分かりました。

ちなみにこのF50ですが、何気にとんでもない車だということが分かりました。

中古でも1億越えの億車であり、1億4000万以上する超高級車なのです(^^;)

凄い車に乗ってますが、こんな車で暴走運転して万が一事故でも起こったらシャレになりません。

また運転手の顔画像や名前などのプロフィールについてですが

一部判明しているのですが、暴走運転をしていた本人だという確証がありません。

ちなみに事故が遭った羽生PAの下り線で「フェラーリのオフ会」があったことが分かりました。

顔画像についてはインスタグラムのオフ会の写真で、運転手らしき男性の写真が掲載されていましたが、本人と断定するまでには至っていないので掲載については控えさせていただきます。

おそらく2台のフェラーリはこのオフ会に参加していたものと思われます。

スポンサードリンク

東北道の黒と赤のフェラーリの事故原因や因果関係はトラブルが原因か

この黒と赤のフェラーリの事故原因や事故までの因果関係として、

この2台の運転手は現場近くで行われていたフェラーリのオフ会で何らかのトラブルに見舞われた可能性があります。

また、それぞれ高級車を繰り出して高速道路で暴走運転をするほどに血の気が盛んな連中ですので、自らの運転を過信していたのでしょう。

おそらくは、オフ会中に言い争いになって、

どちらがより優れた走り屋(ドライバー)か勝負!

という流れで高速道路をサーキット場にしてしまったんでしょうね(^^;)

頭に血が上ってしまい両者共退くに退けなかったんだと思います。

 

ある意味では、この2台の競い合いは子供の喧嘩と大差ありません。

身体は成長していても心は子供だったという背景が透けて見えます。

東北道の赤フェラーリは逮捕される可能性が濃厚か

赤フェラーリのF50という車種は極めて稀少性が高いプレミアフェラーリなので、

こんな車を所有している人間は数えるほどしかいないというのは想像に難くありません。

ですので、ドライブレコーダーの解析が進めば

そう遠くないうちに犯人が特定され、見せしめとして逮捕されるのではないでしょうか。

見過ごすにはあまりにも悪質ですね。

危険運転の厳罰化や実際に東名あおり事故での石橋和歩被告のように懲役18年を受けた事例もあります。

また、危険運転をした証拠はそろっていますので捕まったらそれなりに重い刑が科される可能性もあります。

スポンサードリンク

終わりに

2台とも高級車フェラーリを所有しており、性格的にはそれなりに自己顕示欲も強いと思われます。

また、フェラーリに対する愛着、走りや運転技術に対する拘りが物凄く強かったんだと思います。

そして、二人とも同レベルだったのでこのような不毛な争いになってしまったんでしょう。

一方は年始早々にフェラーリをおしゃかにして、一方は勝ち逃げしたが逮捕される可能性も出てくる。

勝負していたとして、勝ったところで何の意味があるんでしょうか。

結局のところ、争ったところで何のメリットもありませんね。

勝っても自分の安っぽいちっぽけなプライドが満たされるだけで終わりです。

実に意味のない馬鹿げた争いだと思いました。

また、事故や渋滞に巻き込まれて時間をロスした一般人や

警察関係者など多くの人たちに物凄く迷惑をかけているので、そんなに勝負したかったら

深夜の人気のない峠でやってほしいですね。

どちらにしても完全な自己満に過ぎませんが。

スポンサードリンク