スポンサードリンク

2020年2月2日14時5分頃、熊本市中央区の14階建てマンションの屋上から14歳の女子中学生が飛び降り自殺をしました。

警察官や父親が説得にあたりましたが、それも虚しく女子中学生は飛び降りを敢行しました。

説得されている状況にもかかわらず、飛び降り自殺をしたということは

女子中学生の現実に対する失望感や絶望感がどれほど深いものだったかが想像できますが、いじめの可能性は大いにあり得ます。

熊本市中央区の14階建てマンションの屋上から14歳の女子中学生が飛び降り自殺をした事件について調べていきたいと思います。

スポンサードリンク

事件の概要

事件の概要は以下のとおりです。

2日午後2時5分ごろ、熊本市中央区の14階建てマンションの屋上から市内の中学校に通う女子生徒(14)が転落し、搬送先の病院で死亡した。

自殺とみられる。

熊本県警熊本中央署によると、女子生徒はこのマンションの住人。屋上につながる非常階段のドアは施錠されていたが、マンションの廊下から身を乗り出し、ドアを迂回(うかい)して屋上に上ったとみられる。屋上に柵はなかった。

母親から「娘が屋上に上がった」と通報を受けた警察や消防が午後2時ごろ到着。説得のため父親や警察官らが屋上に上ったところ飛び降り、マンションの駐車場に転落した

出典 時事通信

事件現場

事件現場は飛び降り現場は熊本市中央区の14階建てマンションということですが、

詳細な場所までは分かっておりません。

飛び降り自殺をした14歳女子中学生の顔画像などのプロフィール

飛び降り自殺をした14歳女子中学生の顔画像などのプロフィールについては以下のとおりです。

名前 非公開
年齢 14歳
住所 熊本市中央区
職業 中学3年生
動機 不明

飛び降り自殺をした14歳女子中学生についての情報は上記のとおりです。

スポンサードリンク

女子中学生が通っていた中学校

女子中学生が通っていた中学校についてですが、

女子中学生は熊本市内在住であることなどから熊本市内の中学生の可能性が高いと思われます。

熊本市内にはこれだけの中学校があり、情報も少ないので特定することは困難です。

高校生であれば市外の学校に通っているということもあるかと思いますが、中学生ですので
通っていた学校は熊本市内の可能性が濃厚です。

自殺の動機について

自殺の動機は何が考えられるのでしょうか。

説得されても自殺をしてしまったことなどから

相当な絶望感に打ちひしがれていたことが想像できますが、

原因はいじめや進路などが考えられます。

友達関係や恋愛関係なども考えられますが、遺書が見つかっていないとのことですので
女子中学生が亡くなった今となっては真相については知る術はありません。

学校による聞き取り調査なども行われると思いますが、飛び降り自殺をした原因について詳細が判明次第追記していきたいと思います。

ネットの反応

今回の事件についてネットの反応を集めました。

親の目の前か…
これは親もキツいな
明日からの学校が嫌だったのか
友達との関係に悩んでいたのか
家で嫌なことがあったのか
どれも憶測に過ぎないけれど
逃げても良かったんだよ…
でも屋上に登った時点で覚悟を決めていたのだろう
彼女は解放され幸せになったんだろうか…
とても苦しく悲しい事件です

可哀想に。学校やイジメとかで悩んでるなら、学校なんか行かなくていい。大切な命を守って生きていけば、長い人生、不登校だの引きこもりだの関係なく、必ず乗り越えられる時が来る。順風満帆の様で一寸先が闇の時代、良い意味でも悪い意味でも、確実なものなんてない。逆に考えると、確実にダメなんてものもない。自分を大切に生きてください

中学生の時、仲間はずれから死にたいと思った。結婚3年目、突然の旦那からの離婚話に死にたいと思った。あー自分って孤独なんだなぁと人生の中で何度も思った。辛いよね。生きてたら辛い事のほうが多くて嫌になる。今、40代後半。やっと、幸せだなぁと思える毎日がやってきたよ。簡単じゃない事はわかってる。でも生きていてほしかった

非常階段の扉を迂回って…普通に考えたら怖いはず…
なのに迂回してまで屋上に出て…迂回するときには彼女の精神は「死ぬ」だったのかも…説得した父親の目の前で…お父さんは娘さんが落ちていくのを見るしか出来なかった悔しさや色んな気持ちだと思う…母親が通報と言うことは家庭で何か変化に気付いていて家を出る娘さんを見てた…家がイヤなら未成年だし保護してもらえる。学校がイヤなら行かなくていい。だから簡単に「死ぬ」ことを選ばないで!
ご冥福をお祈りいたします

辛いなら学校に行かなくていい。
家が辛いならとにかく逃亡。
勉強ならどこでもできる。
友達は何歳になっても作れる。
人生辛い事多いけど、たまには楽しいこともある。
お願いだから、死ぬな

詳細が詳しく書かれていないから、なぜそのような選択を選ばなければいけなかったかなんとも言えないが

いまの学校でイジメで辛い場合、違う学校に転校をという選択を与えてほしい。学区がというのを関係なしに近隣の市内に転校出来たら良いのに、
都市部や大きな市なら市内で徒歩圏内にある学校に転校できるが、田舎の町や村なんて町に1〜2校しか小学生や中学生がないんだから転校出来ずに不登校を選ばざる得ない、イジメで不登校の子に転校の選択をどうか選ばせてください

自殺や引きこもりは何か1つきっかけがあれば誰でも自分に起こりえること。ただ、何か1つのきっかけで踏みとどまることもできる。
他人に手を伸ばせられる人間になりたい。
そんな世の中になってほしい。
多少不便になってもインターネットの実名投稿義務化とかプライバシーに対する罪の厳罰化が必要なのでわ

小さい頃から大人になるまで辛いことの方が多かったし、実際高校生の時にうつ病になって30キロ台まで痩せこけて、病院に通って服薬やカウンセリング受けて高校を1年休学したけど、
大人になってからは、自分で自分の世界が開けるようになって、ありがたいことに幸せだと思える生活ができている。
子ども達の生きづらさをもっと解決してあげられる世の中にするにはどうしたら良いものか

何か余程嫌な事が有ったのかな?嫌なら中学校なんて行かなくても良いのです。検定試験受けて大学行くことも可能です。大学は中学や高校と違い、自分で学びたい学部も選べるし、必修科目以外は選べるし、かなり自由な部分も有ります。人に干渉する輩も少ないです。交友関係も自分の意志で選べば良いのです。中学で死んでは駄目です

若い子達に言いたい。
学校や友達関係、成績や進路、恋愛関係、いろんな悩みがあるかもしれない。
でもね、本当に本当に狭い世界なの、それって。
そこで生きてると、そこが全てになるかもしれない、若いと特に。
もっと世界は広くて、なぁーんだ、私が悩んでたことなんてどうってことなかったってわかる日がいつかくる。
生きていれば。
私も、そうやって生きてきたから。
アラフォーのおばさんの独り言だけど、今悩んでいる若い子達に伝えたくて

スポンサードリンク

終わりに

以上になります。

女子中学生が自殺をしてしまったことは非常に残念ですが、事件となるまでに何らかのサインを家族や学校に発していたのではないでしょうか。

また、説得されたにもかかわらず自殺をしてしまったということは、どうにもならない事情があったと思われます。

かろうじて自殺を免れても女子中学生にとっては何の解決にもならないということでしょうか。

それだけ現実に対する怒り・失望・絶望感が女子中学生の心を支配していたということですが、
女子中学生の苦しみは女子中学生自身にしか理解できないでしょう。

家族だから子供のことを分かっている、理解しているというのは慢心です。

逆に家族だからこそ心の対話を定期的に行う必要があると思います。

親としては子供の本音や本心を聞き、解決策を提示することが結果的にこうした事件を防ぐことにもなりますので
子供を持つ親としては努々気を付けなければいけません。

お亡くなりになられた女子中学生の方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

スポンサードリンク