スポンサードリンク

2020年1月28日午前9時頃、大阪府松原市南新町

の路上で女性が金づちを持った男に襲われるという殺人未遂事件が発生しましたが、

2020年1月30日に犯人の容疑者が逮捕されました。

逮捕されたのはなんと中学3年生の15歳の男子生徒です。

犯行動機などの供述が信じられない内容となっていますが、中学3年生の男子生徒は精神疾患を持っていたということです。

内容によっては無罪の可能性もありますが、事件の内容について調べていきたいと思います。

スポンサードリンク

事件の概要

事件の概要は以下のとおりです。

大阪府松原市で高齢女性が金づちで殴打された事件で、府警は29日、府内に住む中学3年の男子生徒(15)を殺人未遂容疑で逮捕した。男子生徒は容疑を認め、「たまたま女性がいたので殴った。以前から人を殺してみたかった」と供述しているという。

発表では、男子生徒は28日午前9時半頃、松原市南新町の路上で、近くに住む女性(70)の頭部を金づちで複数回殴り、頭や顔の骨を折る重傷を負わせた疑い。

男子生徒は昨年夏から不登校となり、精神疾患で通院していたという。

女性は自宅を出た直後に、背後から襲われた。声を上げて抵抗すると、男子生徒は金づちを現場に残して逃走したという

出典 読売新聞

事件現場

事件現場はどこになるのでしょうか。

現場は、近鉄南大阪線布忍駅の南西約300メートルでの路上です。

周囲に小学校や病院がある住宅街で、人目につきやすい場所での犯行ということですが

写真を見る限りでは、人気がない場所のようにも見えますね。

当初は20代男性ということで報道されておりますが、20代男性で実際は中学生だったということなどから考えると
制服を着ての犯行ではなく、私服での犯行だったようですね。

通り魔殺人未遂犯の中3男子・名前や顔画像などのプロフィール

容疑者の顔画像などのプロフィールについては以下のとおりです。

名前 非公開
年齢 15歳
住所 大阪府
職業 中学3年生
容疑 殺人未遂

容疑者の中3男子・名前や顔画像などのプロフィールについては以上です。

未成年者ということで名前や顔画像は公表されていません。

精神疾患で通院していたということですが、既に異常性が明らかだったということですね。

精神疾患で通院していたというだけならまだしも、犯罪を起こしてしまうのでは
異常性は否定できないものとなりました。

「たまたま女性がいたので殴った。以前から人を殺してみたかった」と供述していることなどからも
かなりの危険人物です。

スポンサードリンク

通っていた中学校はどこ?

通っていた中学校はいったいどこの中学校なのでしょう。

事件のあった松原市内にはこれだけの中学校があります。

男子生徒が松原市内に住む中学生という情報はありません。

また、大阪府内は交通の便が発達している場所なため

男子生徒がどこの地区の中学生とは判断できません。
報道では「大阪府内」在住とされていますので、大阪府内の中学生だということは間違いないようです。

ネットの反応

今回の事件についてネットの反応を集めました。

「人を殺してみたかった」中高生の犯行って定期的にあるな。
しかし70のお年寄りを襲撃するとはひどすぎる。
命が無事で本当に良かった。

いきなり人を襲う前に犬や猫などの動物で試す場合もあるから、そういう兆候があれば強制入院なども必要。
あと少年法の19歳の内に人を殺しておこうとするのも一定数存在するので、こちらも法改正などしなければこのような事件は減らないと思う

もう、通院では済まないでしょうが、こうなる前に、通院先は患者の根底にある欲求を診察して危険な欲求であれば、保護者が監視しておかないと無関係の人が被害を被ってしまう

人を殺してみたかった、って、自分が他人の命を奪っても良いと考えるからには、自分が他人に命を奪われる覚悟もあるってことですよね?自分は殺してみたいけど、殺されたくはないってのは成立しないですよね?
今回は、結果として殺人にはならなかったけど、相応の罰は受けてもらわないと。当然だけど。
もう、未成年は前途があるから社会復帰のために実名を出さないとか、やめたらどうでしょうか。
未成年、成人に関わらず、性善説に立つのもやめたら。確かに人は間違いを犯すものだし、更正させて社会復帰させることも必要だと思います。でも、それも時と場合によりますよね。
何の罪もない人を、自分勝手な理由で殺して、自分は死にたくないって、そんなこと許されていいとは思わない。ましてや、心神喪失してたら許されるって、そんなことあっていいわけない

もう少年法は無くしていいのではないでしょうか…。無くさないなら小学校6年まで少年法適応。年齢のみで判断出来ない。この人達が罪を償って塀から出てきた時には、まだ若者と呼ばれる年齢だろうし…再犯の元気もある。そしたらまた人が殺される

こういう壊れた考え方をもつ人は、成人、未成年関係なく、一生涯隔離 するか 死刑 でよいのではないか。 まず、“全く無関係な方々の安全確保”を第一に考えていただきたい。
もう、現在の時代背景や環境にあわせ、少年法も修正が必要ではないでしょうか。100%は難しいにしろ家庭内教育では是正は無理、法や規則で固めるしか安全性を高める術はないのでは


スポンサードリンク

終わりに

以上になります。

中学生は精神疾患持ちということですが、精神疾患の内容によっては

無罪ということもあり得ます。

未成年者ということも相まって、被害者も殺害されていないという点などから考えると可能性は高そうですが

犯行を行った際の供述などは凶悪極まりないものですし、犯罪を起こすという意思もありましたので
精神疾患で無罪ということはなさそうにも思えますが

中学生の気まぐれに巻き込まれた被害者の女性は溜まったものではありません。

スポンサードリンク