スポンサードリンク

2019年10月13日午前3時ごろ、長野県千曲川が氾濫・冠水しました。

ライブカメラの映像や現地の状況や画像などを調べました。

(台風19号 関連記事)

スポンサードリンク

事件の概要

事件の概要は以下のとおりです。

国と長野地方気象台によりますと長野県を流れる千曲川では、上田市国分と、千曲市雨宮、いずれも長野市の篠ノ井横田と篠ノ井小森、それに穂保、須坂市北相之島と、小布施町の飯田と山王島、それに中野市の立ヶ花と栗林で水が堤防を越えてあふれ出し氾濫が発生したということです。

国と気象台は、これらの地域に5段階の警戒レベルのうち最も高いレベル5にあたる氾濫発生情報を発表して最大限の警戒を呼びかけています。
国土交通省千曲川河川事務所によりますと、このうち、長野市穂保では、堤防の一部が崩れ始めていることが、川の状態を監視するカメラの映像などから確認できたということです。
そのため、長野市は、堤防が決壊するおそれもあるとして、近くにある長沼地区豊野地区、朝陽地区、柳原地区の千曲川の近くに住む人たちに命を守る最善の行動を取るよう呼びかけています。

スポンサードリンク

現場の様子や画像など

今回の長野県千曲川の氾濫について現場の様子や画像などをネットから集めました。


スポンサードリンク

(台風19号 関連記事)

エンタメnews
エンタメnews
https://chiro-seasontrend.com/chirolien/13278.html
その日の気になる話題を提供
スポンサードリンク